明治37年の地震

災害年月日
1904年09月21日
市町村
愛媛県大洲市
災害種類
土砂災害  地震・津波  
概要
明治37年(1904)9月21日、伊予灘を震源とするM6.6の地震により、大洲町付近で器物が倒壊し、山頂より岩石が落下し道路を埋めた所があった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松山地方気象台編「愛媛の気象百年-松山地方気象台創立100周年記念誌-」(日本気象協会松山支部、1990年)、225頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
地震 落石
NO.
愛媛1648

よく似た災害

明治36年の地震

明治36年(1903)3月21日、伊予灘を震源とする地震により、大洲町近傍では器物が倒壊し、山頂から岩石崩壊して道路を埋めたところもあった。数回の余震... 続きを読む

明治36年の地震

明治36年(1903)3月21日、周防灘を震源とする地震により、大洲町近傍ではすわりの悪い器物が倒伏し、山頂から岩石崩壊して道路を埋めたところもあった... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、大地震が起きた。揺れは激しく、長い間続いたので、棚の上から器物が落ち、家が鳴った。戸障子がはずれ、か... 続きを読む

元禄15年の台風

image

元禄15年(1702)7月28日、大風があり、松山城の鯱が落下し、城山の松318本が倒れ、侍屋敷20軒、町屋20軒、百姓家2,889軒が倒壊、死者16... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、大地震があり、斗賀野村では所々で崩壊、家屋倒壊が多く、人畜被害も多少あった。この地震で、東組大平上方の光り岩の大岩が転... 続きを読む