宝永7年の干ばつ

災害年月日
1710年00月00日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
渇水  
概要
宝永7年(1710)、54日間の日照りのため大干ばつとなり、畑半作、900町が干田となった。
Googleマップ
参考文献
町誌編集委員会編「ふるさと北土居のあゆみ」(町誌編集委員会、2008年)、67頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
愛媛1718

よく似た災害

享保3年の干ばつ

享保3年(1718)5月から75日間降雨なく、大干ばつとなった。 続きを読む

享保9年の干ばつ

享保9年(1724)5月から80日間降雨なく、大干ばつとなった。 続きを読む

宝永3年の干ばつ

宝永3年(1706)5月、大干ばつ、雨乞いを5日間行う。(神恵院蔵の「弘化録」及び「讃岐大日記」による) 続きを読む

正保2年の干ばつ

正保2年(1645)、大干ばつとなった。 続きを読む

正保2年の干ばつ

正保2年(1645)、大干ばつとなった。 続きを読む