昭和42年の干ばつ

災害年月日
1967年07月10日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
渇水  
概要
昭和42年(1967)7月10日から10月5日までの85日間、西日本を中心に記録的な干ばつとなった。みかんは8月下旬頃から葉が巻き始め、いわゆる菊みかんと呼ばれる肌の凹凸のみかんとなった。スプリンクラー等のかん水施設を急設し、農家は昼も夜もかん水作業に追われた。
Googleマップ
参考文献
湯山誌稿「第二巻」編集委員会編「湯山誌稿」(湯山公民館・みんなでつくる住みよい湯山地区委員会、1987年)、12頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 菊みかん
NO.
愛媛1738

よく似た災害

昭和56年の寒波

昭和56年(1981)2月25日夕方、強風と寒波が来襲し、寒い日が2、3日続いた。作物には大被害が出たが、特にみかんの被害が大きく、寒気の溜まる低地等... 続きを読む

昭和29年の台風12号

昭和29年(1954)9月、台風12号により、吉野川で洪水となり、破堤寸前となった。水の通しやすい地盤は、腰まで入るほどの「ガマ」と呼ばれる穴ができた... 続きを読む

昭和42年の干ばつ

昭和42年(1967)7月11日から10月5日までの86日間で、雨が54.2ミリしか降らず、ひどい干ばつに見舞われた。主幹作物のみかんが全地区とも枯死... 続きを読む

嘉永2年の洪水

嘉永2年(1849)7月10日~11日、大風雨。阿房水と呼ばれる。(「三好郡誌」による) 続きを読む

明治44年の土佐水

明治44年(1911)8月16日、吉野川大洪水。土佐水と呼ばれる。 続きを読む