昭和54年の集中豪雨

災害年月日
1979年06月30日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和54年(1979)6月17日から7月1日までの雨量は480ミリ、山間部では600ミリを超えた。特に6月30日には1時間当たり100~150ミリの集中豪雨となり、各地で山崩れや河川の氾濫により、多くの被害が出た。土居谷川上流では河川の決壊や水田の流出が80箇所に及んだ。また、萱谷川の氾濫では、河口への土砂の流入や床下浸水が14世帯、道路の崩壊10箇所、水田の被害80aの大きな災害となった。溝辺町の塚谷川、食場町の土居谷川、末町の萱谷川も大被害を受けたが、昭和56年度までに修復工事が完了した。
Googleマップ
参考文献
湯山誌稿「第二巻」編集委員会編「湯山誌稿」(湯山公民館・みんなでつくる住みよい湯山地区委員会、1987年)、13頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
集中豪雨 山崩れ 塚谷川 土居谷川 萱谷川
NO.
愛媛1739

よく似た災害

昭和43年の集中豪雨

昭和43年(1968)8月26日、長浜地方の集中豪雨により、大和川をはじめ各河川の氾濫、崖崩れ、浸水等により、被害は甚大となった。2時~3時の間に86... 続きを読む

昭和36年の集中豪雨

昭和36年(1961)10月25日19時頃から雨が降り出し、翌日2時頃から未曾有の豪雨となり、各地区では山崩れ、河川の氾濫・決壊、ため池の決壊が相次ぎ... 続きを読む

昭和41年の集中豪雨

昭和41年(1966)5月21日、高知県東部を中心とした集中豪雨により、室戸市佐喜浜で時間雨量91ミリ、日雨量694ミリに達した。室戸市椎名から佐喜浜... 続きを読む

昭和47年の集中豪雨

image

昭和47年(1972)9月7日から降り始め、8日から9日にかけては173ミリの豪雨を記録した。河川は氾濫し、土砂崩れが長沢、乃万など7箇所で発生し、予... 続きを読む

昭和47年の集中豪雨

昭和47年(1972)9月8日、大西町や玉川町などを襲った局地的集中豪雨は、1日雨量が200ミリに達し、山崩れやがけ崩れが多発し、河川の氾濫や堤防決壊... 続きを読む