昭和9年の干ばつ

災害年月日
1934年00月00日
市町村
愛媛県松山市(北条市)
災害種類
渇水  
概要
昭和9年(1934)、何か月も雨の降らない日が続き、ひどい干害を受けた。農家の人の中には、少ない地下水を汲み上げ、杓ややかんで稲にかける人もいたが、稲はほとんど枯れ、収穫は平年の半分もなかった。この干ばつを契機に、松田喜三郎の提唱により、俵原池の建設工事が昭和12年に県の事業として始められ、昭和17年に完成した。
Googleマップ
参考画像

参考文献
北条市のくらし編集委員会編「北条市のくらし」(北条市教育委員会、1999年)、127-136頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 松田喜三郎 俵原池
NO.
愛媛1741

よく似た災害

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)、大干ばつ。この年の干ばつを契機に、平田平七は同年12月に宝池の増築に着手し、翌年5月に竣工した。 続きを読む

元禄3年の干ばつ

image

元禄3年(1690)、大干ばつに見舞われた。勝田池は底を見せ、田は干割れした。この干ばつを契機に、翌4年には勝田池の増築が開始され、元禄8年に完成した... 続きを読む

昭和42年の干ばつ

image

昭和42年(1967)7月~10月、南予地方は干ばつのため、180の水道用水施設のうち148施設(83%)が断水となり、農作物の被害額は125億円にの... 続きを読む

文化3年の干ばつ

文化3年(1806)、吉野川北岸でひどい干ばつに見舞われた。この干ばつを契機に、芝生村庄屋助役の山本新太夫らは河内谷から水を引く三村用水を完成させた。... 続きを読む

大正13年の干ばつ

image

大正13年(1924)、干ばつのため、満濃池の水掛かりは1,120町歩が被害を受け、減収高は11,322石に達した。この干ばつを契機に、満濃池水利組合... 続きを読む