昭和9年の室戸台風

災害年月日
1934年09月21日
市町村
愛媛県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和9年(1934)9月21日午前5時頃、台風が室戸岬西方に上陸した。室戸岬測候所では午前5時10分に最低気圧684ミリを観測した。これは陸上で観測された最低気圧の世界記録であった。愛媛県でも東予地方では300~500ミリの降雨があり、瀬戸内では風速30m以上の暴風となり、多数の死傷者を出した。新居郡では堤防決壊等により死者1人等、周桑郡では堤防決壊等により死者1人等、越智郡では山崩れ・堤防決壊等により死者4人等、温泉郡、喜多郡でも漁船等に被害が出た。郡市別の被害状況が示されている。
Googleマップ
参考文献
愛媛県警察史編さん委員会編「愛媛県警察史 第2巻」(愛媛県警察本部、1978年)、893-896頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
室戸台風 洪水 堤防決壊 山崩れ 死者
NO.
愛媛1755

よく似た災害

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月17日~21日、室戸台風が室戸岬に上陸し、最低気圧684ミリの世界新を記録した。県下の死者は28人に及び、三崎町でも被害が大き... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日午前5時、台風は室戸岬に上陸した。室戸測候所で5時10分に最低気圧648ミリを記録した。これは陸上で観測された最低気圧の... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日5時、台風は室戸岬の西方に上陸した。室戸岬測候所では5時10分に最低気圧648ミリを観測した。この気圧は陸上で観測された... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日5時10分、台風が室戸岬を通った時、最低気圧は684.0ミリという空前の最低記録となった。被害は台風通路の東部の海部郡、... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日5時10分、台風が室戸岬を通った時、最低気圧は684.0ミリという空前の最低記録となった。被害は台風通路の東部の海部郡、... 続きを読む