享保14年の干ばつ・強風

災害年月日
1729年09月00日
市町村
愛媛県大三島
災害種類
風水害  渇水  
概要
享保14年(1729)8月、干ばつと強風が同時に襲ったため、保水力のない島内の農作物は枯死した。
Googleマップ
参考文献
松岡進著「大三島を中心とする芸予叢島史」(瀬戸内海文化研究所、1980年)、181頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 強風
NO.
愛媛1763

よく似た災害

文政11年の干ばつ

文政11年(1828)8月、雨の降らぬことが85日におよび、作物は枯死し、飲料水は枯渇し、村民は困窮した。これを文政の大干ばつという。 続きを読む

天保3年の干ばつ

天保3年(1832)、84日間一滴の雨も降らず、農作物は枯死した。 続きを読む

寛延元年の干ばつ

寛延元年(1748)6月から7月下旬に至るまで降雨なく、農作物は枯死した。 続きを読む

明和6年の干ばつ

明和6年(1769)4月末より8月20日まで大干ばつとなり、稲作の大半は枯死し、収穫は皆無となった。 続きを読む

大正13年の干ばつ

大正13年(1924)、干ばつにより、畑作物は枯死全滅の状態となった。(「徳島毎日新聞」による) 続きを読む