元禄6年の干ばつ

災害年月日
1693年00月00日
市町村
愛媛県越智郡
災害種類
渇水  
概要
元禄6年(1693)、田植え時期になっても降雨がなく、越智郡一帯は大干ばつとなった。各地で雨乞い祈祷が行われたが、6月半ばに至るも効験がなく、代官所では光林寺へ雨乞いを依頼した。光林寺の光範上人は16日より奈良原権現で雨乞い祈祷を行い、18日は多少の降雨があり、19日には本格的な雨となり、蒼社川には水が溢れ、新田分まで灌水するに至った。光範上人による祈雨は「光範雨乞」とか「光範ウルウ」として後世までも著名であった。
Googleマップ
参考画像
参考文献
愛媛県土地改良事業団体連合会編「愛媛の土地改良史」(愛媛県、1986年)、557-558頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 雨乞い祈祷 光範上人
NO.
愛媛1827

よく似た災害

元禄6年の干ばつ

元禄6年(1693)、干ばつ。奈良原山頂で7日間大雨乞い祈祷(光範上人)。 続きを読む

元禄6年の干ばつ

元禄6年(1693)6月、大干ばつにより作物枯死。光範上人雨乞い。(「国府叢書」による) 続きを読む

宝暦7年の干ばつ

image

宝暦7年(1757)6月、干ばつのため、八幡宮、松林寺で雨乞い祈祷。 続きを読む

宝暦7年の干ばつ

image

宝暦7年(1757)6月、干ばつのため、八幡宮、松林寺で雨乞い祈祷。 続きを読む

享保14年の干ばつ

image

享保14年(1729)6月、干ばつ。光林寺で雨乞いを行う。 続きを読む