明治32年の豪雨

災害年月日
1899年08月28日
市町村
愛媛県新居浜市(別子山村)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
明治32年(1899)8月28日、豪雨により、別子山で山津波が起こり、死者が600人近くに及ぶなど大きな被害が出た。この稿には、角石原付近、風呂屋谷方面、目出度町方面などで筆者が目撃した被災状況等が記されている。
Googleマップ
備考
足谷川流域の見花谷・両見谷・風呂屋谷等では山崩れが発生した。新居浜市の瑞応寺には別子銅山遭難流亡者碑が建立されている。
参考画像

参考文献
村上八郎「ああ悲惨であった別子山の水禍(2)」(益友編集委員会編「益友 第7巻第66号」益友会、1960年、所収)、23-27頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
豪雨 山津波 死者 別子銅山 災害体験記
NO.
愛媛1832

よく似た災害

明治32年の豪雨

image

明治32年(1899)8月28日、豪雨により、別子山で山津波が起こり、死者が600人近くに及ぶなど大きな被害が出た。この稿には、見花谷方面、両見谷方面... 続きを読む

明治32年の水害

image

明治32年(1899)8月28日、土佐湾に上陸した台風は石鎚山脈を越えて東予地区を襲い、午後6時頃には暴風雨となった。最高潮に達した8時半頃には、全山... 続きを読む

明治32年の豪雨

image

明治32年(1899)8月28日、豪雨により、別子山で山津波が起こり、600人近くの生霊が奪われ、200年の伝統を誇った上部溶鉱炉と、硫酸銅工場及び坑... 続きを読む

明治35年の洪水

明治35年(1902)8月10日、重信川が横河原付近で堤防決壊。 続きを読む

昭和42年の集中豪雨

昭和42年(1967)7月9日、集中豪雨により、波方町、関前村、宮窪町などで9人の死者があり、田尻で汽車が脱線して不通となった。 続きを読む