昭和20年の枕崎台風

災害年月日
1945年09月17日
市町村
愛媛県大洲市
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和20年(1945)9月17日、枕崎台風が肱川流域の西部を通過して猛烈な暴風雨となった。総雨量は大洲町で470ミリ、本川上流の野村町で302ミリを記録した。昭和18年7月洪水による水源各地の崩壊箇所は再び大崩壊を起こし、土石流となって下流の河床を埋め尽くした。肱川の水位は大洲枡形地点で8.79mを記録した。被害は死傷者152人、家屋の流出388戸、全壊1,634戸、田畑の流失・埋没698町歩、床上浸水7,229戸、床下浸水2,686戸、河川33箇所、道路820箇所、橋梁163箇所に及んだ。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
建設省大洲工事事務所編「大洲工事五十年史」(建設省大洲工事事務所、1994年)、33頁及び35頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
枕崎台風 洪水 土石流 死者
NO.
愛媛1837

よく似た災害

昭和18年の洪水

昭和18年(1943)7月21日~24日、低気圧と不連続線が肱川流域付近に停滞したため、流域の総雨量は本川上流の宇和町で755ミリ、支川小田川の小田町... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、枕崎台風による風が強く、戦後急ごしらえで建てられた徳島市内の仮小屋はほとんど倒壊した。また、上流の高知県の雨量が多か... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月18日、枕崎台風による洪水のため、肱川の大洲地点の流量は5,000立米/秒となった(実績水位からの推計値)。死傷者152人の... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)、枕崎台風により、徳島の雨量は9月16日・17日の両日で350~400ミリ程度であったが、上流の高知県の雨量が多かったので大洪水... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月18日、枕崎台風により肱川で洪水、増水量8.79m。(県の量水標による)/肱川水系内の被害は死傷者152人、流失家屋388戸... 続きを読む