昭和54年7月の斜面崩壊

災害年月日
1979年07月20日
市町村
愛媛県久万高原町(柳谷村)
災害種類
土砂災害  
概要
昭和54年(1979)7月20日9時30分、柳谷村の国道33号で約3,000立米の斜面崩壊があり、路面を約30mにわたって閉塞したため、国道33号は1ヶ月余り全面通行止めとなった。崩壊現場では昭和54年4月にクラックが発見され、崩壊の発生が予想されて事前に通行止めの措置がなされていたため、人身事故は回避することができた。崩壊前後の現場の写真が掲載されている。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
建設省四国地方建設局松山工事事務所編「一般国道33号柳谷地区における斜面崩壊の記録」(建設省四国地方建設局松山工事事務所、1982年)、1-18頁及び84-86頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
斜面崩壊 柳谷村 国道33号 通行止め 写真
NO.
愛媛1843

よく似た災害

昭和54年8月の斜面崩壊

昭和54年(1979)8月27日12時55分、柳谷村の国道33号で約1,000立米の斜面崩壊があった。崩壊後の現場の写真が掲載されている。 続きを読む

昭和54年の斜面崩壊

昭和54年(1979)、柳谷村洞門箇所で約3,000立米の斜面崩壊が発生し、国道33号は1ヶ月余り不通となった。 続きを読む

平成5年10月の土砂崩れ

平成5年(1993)10月9日夜8時過ぎ、西宇の国道32号で土砂崩壊、全面通行止めとなる。11月8日に片側通行が可能となった。 続きを読む

平成16年の台風23号

平成16年(2004)10月20日18時15分頃、台風23号による豪雨のため、高松市東山崎町字西原の国道11号で道路災害が発生した。災害現場の近傍を流... 続きを読む

昭和54年の土砂崩れ

昭和54年(1979)9月4日、土砂崩れのため、国道32号が南国市成合で全面通行止めとなったが、8日に片側通行。 続きを読む