享保6年の大雨

災害年月日
1721年09月05日
市町村
愛媛県愛媛県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
享保6年(1721)閏7月14日頃から大雨となり、翌15日には出水のため石手川の堤防が決壊し、各地は洪水となった。被害は田畑の砂入・汐入・水押3,716町余、石高35,065石余損毛、浜手・池川の堤防決壊117,141間、流家・潰家・半潰889間、死者男40人、女32人の合計72人、井関落下2,144箇所、石垣崩壊155箇所、山崩れ29,120箇所に及んだ。(「垂憲録拾遺」による)藩庁では、大小姓以上の頭役に高100石につき人夫10人ずつ、城下町に15,000人、三津町に5,000人を差し出すよう指令した。
Googleマップ
参考文献
愛媛県史編さん委員会編「愛媛県史 近世上」(愛媛県、1986年)、193頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 石手川堤防決壊 死者 山崩れ 垂憲録拾遺
NO.
愛媛1845

よく似た災害

昭和33年10月の大雨

昭和33年(1958)10月18日、低気圧が本県を東進したため大雨となった。佐賀町では5時50分に1時間70ミリを観測した。被害は床上浸水23戸、床下... 続きを読む

昭和29年7月18日の大雨

昭和29年(1954)7月18日~19日、県の中央部で大雨となった。被害は家屋全壊1戸、半壊2戸、床上浸水16戸、床下浸水215戸、堤防決壊3戸、道路... 続きを読む

昭和29年の大雨

昭和29年(1954)6月29日~30日、梅雨前線による大雨で、香川県全体に大きな被害があった。県内の被害は、死者3人、負傷者2人、家屋の全壊8戸、半... 続きを読む

昭和29年7月29日の大雨

昭和29年(1954)7月29日、窪川付近と物部川流域で大雨となった。被害は死者1人、負傷者3人、家屋全壊1戸、半壊1戸、床上浸水1戸、床下浸水80戸... 続きを読む

昭和18年6月8日の大雨

昭和18年(1943)6月8日、気圧の谷の通過に伴い大雨が降った。被害は床上浸水5戸、床下浸水3戸、堤防決壊1箇所、破損2箇所、田畑浸水485町に及ん... 続きを読む