天保3年の干ばつ

災害年月日
1832年08月00日
市町村
愛媛県
災害種類
渇水  
概要
天保3年(1832)7月~8月9日、大干ばつにより、宇和島・大洲・新谷・西条領等で被害が大きかった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
愛媛県史編さん委員会編「愛媛県史 近世下」(愛媛県、1987年)、475-476頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
愛媛1863

よく似た災害

天保5年の洪水

天保5年(1834)8月6日、西条・小松領で洪水に被害が大きかった。 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)、大暴風雨により、河辺村で被害が大きかった。 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)、大暴風雨により、河辺村で被害が大きかった。 続きを読む

享和2年の干ばつ

享和2年(1802)夏、干ばつにより、財田中ノ村で被害が大きかった。(「讃岐国大日記」、「高松藩記」、「三豊郡史」、「香川県気象災害誌」、「財田村年表... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)、第二室戸台風により、河辺村で被害が大きかった。 続きを読む