昭和18年の洪水

災害年月日
1943年07月00日
市町村
愛媛県大洲市
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和18年(1943)7月、旧大洲町肱北地区で肱川の堤防が決壊し、新町・若宮地区に多大な被害を与えるとともに、大洲盆地全域を泥海と化した。現在の大洲市域の被害は死者28人、住家の流失7戸、全壊74戸、半潰103戸、床上浸水3,872子、床下浸水477戸等に及んだ。五十崎盆地でも旧天神村宮の瀬前で起こった山崩れで増水中の小田川が堰き止められ、大久喜、古田、上宿間方面に多くの被害を出した。五十崎町の被害は死者3人、住家の流失・全壊・半壊38戸、床上浸水229戸、床下浸水292戸等に及んだ。
Googleマップ
参考文献
愛媛県史編さん委員会編「愛媛県史 地誌Ⅰ(総論)」(愛媛県、1983年)、194-196頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 肱川堤防決壊 死者 山崩れ 小田川堰き止め
NO.
愛媛1866

よく似た災害

昭和18年の洪水

昭和18年(1943)7月22日~25日、豪雨による大洪水のため、肱川村は甚大な被害を被った。被害は、死者1人、住家の流失1戸、全壊3戸、半壊1戸、床... 続きを読む

昭和18年の水害

昭和18年(1943)7月21日~23日、雨が降り続き、雨量は700ミリ、水位は28尺(約8.5m)に達した。大洲市の被害は死者・行方不明45人、住家... 続きを読む

昭和24年のヘスター台風

昭和24年(1949)7月31日、ヘスター台風により、三野町では重傷者1人、軽傷者4人、住家の全壊21戸、流失4戸、半壊40戸、床上浸水28戸、床下浸... 続きを読む

昭和18年の洪水

昭和18年(1943)7月24日、三日三晩降り続いた雨は松山測候所で530ミリ、喜多郡では700余ミリと推定された。大洲・喜多郡内の被害は死者34人、... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、M8.0の南海道地震により、愛媛県の被害は死者26人、負傷者32人、住家の全壊155戸、半壊118戸、非住家の全壊... 続きを読む