昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
高知県
災害種類
地震・津波  火災  
概要
昭和21年(1946)12月21日、南海道沖地震により、死者1,330人、負傷者2,332人、住家の全半壊28,274戸、全半焼2,598戸、流失1,451戸。(高知県消防交通安全課資料による)
Googleマップ
参考文献
大家順助編「須崎消防の歩み 第2巻 自然災害の記録」(高幡消防組合須崎消防団本部、1985年)、54頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
昭和南海地震 津波 火災
NO.
高知5458

よく似た災害

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、台風16号(枕崎台風)により、物部川下の橋(現物部川大橋)が流出したという。(「高知工事事務所40年史」、「水害統計... 続きを読む

平成5年の台風5号

平成5年(1993)7月28日、台風5号により、深渕上流12時間雨量は223ミリ、深渕地点流量は約3,000立米/秒となった。2箇所で低水護岸等が被災... 続きを読む

平成16年の台風23号

平成16年(2004)10月20日、台風23号により、深渕上流12時間雨量は227ミリ、深渕地点流量は約3,000立米/秒となった。深渕箇所で低水護岸... 続きを読む

昭和57年の台風13号

昭和57年(1982)8月27日、台風13号により、深渕上流12時間雨量は214ミリ、深渕地点流量は約2,700立米/秒となった。強雨期間が長かったこ... 続きを読む

平成16年の台風16号

平成16年(2004)8月30日、台風16号により、深渕上流12時間雨量は216ミリ、深渕地点流量は約2,900立米/秒となった。高潮右岸箇所、立田箇... 続きを読む