明治27年の干ばつ

災害年月日
1894年07月26日
市町村
愛媛県上島町(岩城村)
災害種類
渇水  
概要
明治27年(1894)7月26日~8月31日、少雨のため、大干ばつとなり、稲作凶。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
岩城村誌編集委員会編「岩城村誌 下巻 現代編」(岩城村、1986年)、44頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
愛媛1897

よく似た災害

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)6月24日~8月4日、少雨のため、大干ばつ。 続きを読む

宝永7年の干ばつ

宝永7年(1710)、54日間の日照りのため大干ばつとなり、畑半作、900町が干田となった。 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)6月22日以来雨がなく、約2ヶ月にわたる大干ばつとなった。 続きを読む

昭和5年の干ばつ

昭和5年(1930)5月~10月、少雨の傾向が続く。このため多少干害となった。美良布村誌には「大干ばつ」と記されている。 続きを読む

明和6年の干ばつ

明和6年(1769)4月末より8月20日まで大干ばつとなり、稲作の大半は枯死し、収穫は皆無となった。 続きを読む