昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
愛媛県上島町(岩城村)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日、南海大地震により、後遺症として地盤沈下が続いた。海岸施設は弛緩、崩壊、田畑浸水、飲用井戸は塩分が濃厚となった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
岩城村誌編集委員会編「岩城村誌 下巻 現代編」(岩城村、1986年)、46頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 地盤沈下 塩水化
NO.
愛媛1904

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、潮岬の南南西役50kmの沖合で大地震が起こり、海岸地帯には大津波が来襲した。理科年表によると、幡多郡... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により塩田堤防と製塩施設は未曾有の損害を被った。また、地盤沈下は30~40cmに達し、台風、高潮に備えて嵩... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分に大地震が発生した。地震発生後30分位して神田瀬川の水が引き始め、間もなく大波が押し寄せ、最盛時には二... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日早朝、南海大地震が起こった。被害は死者212人、負傷者665人、家屋の流失・全半壊3,892戸、浸水1,315戸、道... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、M8.1の南海道沖大地震が起こり、津波が房総半島から九州に至る沿岸を襲った。波高は高知県の沿岸で4~6mに達した。... 続きを読む