昭和42年の干ばつ

災害年月日
1967年07月00日
市町村
愛媛県上島町(岩城村)
災害種類
渇水  
概要
昭和42年(1967)7月豪雨以後、旱天が87日間続き、果樹が被害、減収170ha半作。9月30日、愛媛県が旱害総合対策本部設置、県下の被害総額は200億円以上。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
岩城村誌編集委員会編「岩城村誌 下巻 現代編」(岩城村、1986年)、49頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 県旱害総合対策本部
NO.
愛媛1906

よく似た災害

昭和34年の干ばつ

昭和34年(1959)7月7日、干ばつのため県干害対策本部設置。 続きを読む

昭和53年の干ばつ

昭和53年(1978)8月、干ばつ。愛媛県下で干ばつ対策本部が設置。 続きを読む

昭和46年の台風19号

昭和46年(1971)8月5日、台風19号により、県下の被害総額は35億円以上に達した。三崎町でも被害が大きかった。 続きを読む

平成2年の干ばつ

平成2年(1990)夏、高温と連続干天日が続き、愛媛県内の7月の降雨量は東予地方を中心に100ミリ以下の干ばつとなった。菊間町の農作物への被害は、野菜... 続きを読む

昭和57年の台風13号

昭和57年(1982)8月27日午前10時30分、台風13号に伴い、山城町災害対策本部設置。町内の被害は田の流失・埋没0.1ha、冠水0.2ha、畑の... 続きを読む