昭和48年の干ばつ

災害年月日
1973年06月00日
市町村
愛媛県上島町(岩城村)
災害種類
渇水  
概要
昭和48年(1973)6月下旬より2ヶ月余、水不足が深刻になり、弓削商船高専尞が運営不能のため夏休みが続いた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
岩城村誌編集委員会編「岩城村誌 下巻 現代編」(岩城村、1986年)、50頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 水不足 弓削商船高専
NO.
愛媛1907

よく似た災害

昭和19年の干ばつ

昭和19年(1944)、大干ばつ。この年、県は7月20日以後でなければ稲の植え付けを許さないという極端な晩奨励を強制したが、偶然大干ばつとなり、各地で... 続きを読む

明治6年の干ばつ

明治6年(1873)、大いに干し、挿苗不能のため、野村組は雨乞い千人踊を行う。 続きを読む

昭和26年の干ばつ

昭和26年(1951)7月下旬から8月中頃まで連日晴天が続いた。このため、炎熱、干ばつに苦しみ、農作物に被害を出した。 続きを読む

昭和26年の干ばつ

昭和26年(1951)7月下旬から8月中頃まで連日晴天が続いた。このため、炎熱、干ばつに苦しみ、農作物に被害を出した。 続きを読む

昭和34年の干ばつ

昭和34年(1959)6月11日~7月7日、干天が続いた。6月雨量が平年並みのところは土佐清水付近のみで、一般には50%程度、特に北東山地では30%程... 続きを読む