寛文2年の山崩れ

災害年月日
1662年10月31日
市町村
愛媛県鬼北町(広見町)
災害種類
土砂災害  地震・津波  
概要
寛文2年(1662)9月20日、日向灘地震により、広見町で山崩れが発生した。
Googleマップ
参考文献
日本工営編「四国山地の土砂災害」(国土交通省四国地方整備局四国山地砂防事務所、2004年)、10頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
山崩れ 日向灘地震
NO.
愛媛1924

よく似た災害

安政4年の山崩れ

安政4年(1857)8月25日、安芸伊予地震により、仁淀村の別枝で山崩れが発生した。 続きを読む

昭和21年の山崩れ

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、道後で山崩れがあり、源泉が埋没した。 続きを読む

昭和30年の山崩れ

昭和30年(1955)7月27日、徳島県南部地震により、宮浜村、平谷村、木頭村、上木頭村で山・崖崩れが随所で発生し、死者1人、負傷者8人の被害が出た。... 続きを読む

寛文6年の山崩れ

寛文6年(1666)、大雨による山崩れで、神宮寺所有の蓮池、向屋敷、屋敷5畝が永荒となった。 続きを読む

嘉永元年の山崩れ

嘉永元年(1848)、大雨により、小豆島の渕崎村で山崩れが起こる。 続きを読む