平成6年の渇水

災害年月日
1994年07月00日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
渇水  
概要
平成6年(1994)夏の異常少雨に伴い、松山市の上水道では7月26日から給水制限が実施され、現在(10月15日)もなお続いている。この間、農業、工業、市民生活の各方面で渇水被害が発生しており、農業被害は柑橘類を中心に約69億円にのぼり、多くの工場では生産縮小や操業停止を余儀なくされている。また、松山市民の日常生活や商業活動にもさまざまな影響が及んでいる。この報告では、四国の水事情について概説を行うとともに、今回の松山市の渇水状況について速報している。
Googleマップ
参考文献
鈴木幸一・渡辺政広・栗原崇「北四国の水事情と1994年夏季の松山渇水について」(自然災害学会編「自然災害科学Vol.13-2」自然災害学会、1994年)、101-110頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
渇水 給水制限 工場の操業停止
NO.
愛媛1945

よく似た災害

平成6年の渇水

image

平成6年(1994)夏季の異常少雨に伴い、松山市の上水道では7月26日から11月25日までの4ヶ月間にわたり、はじめて時間断水が実施された。特に8月2... 続きを読む

平成6年の渇水

平成6年(1994)夏季の異常少雨に伴い、松山市の上水道では7月26日から11月25日までの4ヶ月間にわたり給水制限が実施された。このうち、8月22日... 続きを読む

平成6年の渇水

平成6年(1994)、渇水のため、高松市等では給水制限が行われ、社会的、経済的に多大な影響が出た。渇水対策として一般市民の節水意識の高揚や節水の実行が... 続きを読む

平成6年の渇水

image

平成6年(1994)5月上旬から9月中旬まで、松山市の降雨量は平年の4分の1と少なく、特に8月の降雨量は2ミリであった。石手川ダムの貯水量は8月26日... 続きを読む

平成6年の渇水

平成6年(1994)、北四国では渇水となった。松山市では7月26日から時間給水開始、8月22日から5時間給水(16時~21時)となり、2ヶ月間継続した... 続きを読む