安政4年の地震

災害年月日
1857年10月15日
市町村
愛媛県
災害種類
地震・津波  
概要
安政4年(1857)8月28日、三崎半島東方を震源とする地震が起こり、今治、大洲、西条の地域が破損し、城下及び村落に潰家が生じた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
鷺坂清信「歴史時代における四国地方の地殻変動について(第一報)」(四国地方綜合開発委員会地盤変動調査専門委員会編「四国地方地盤変動調査報告書 第一輯」四国地方綜合開発委員会地盤変動調査専門委員会事務局、1949年、所収)、8頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
地震 今治 大洲 西条
NO.
愛媛1961

よく似た災害

安政4年の地震

安政4年(1857)8月25日、伊予、安芸を震源とするM6.4の地震により、郡中で潰家が多数、死者4人、今治の郷町で潰家3戸、死者1人、松山でも門、塀... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月7日、三崎半島付近を震源とする地震が起こり、伊予大洲及び吉田で多くの潰家を生じた。 続きを読む

安政元年11月7日の地震

安政元年(1854)11月7日、豊後、豊前、伊予を震源とするM7.0の地震により、大洲、吉田で潰家があり。 続きを読む

安政4年の地震

安政4年(1857)8月25日辰の中刻、松山市高浜沖を震源とするM6.4の地震が発生した。この地震により、今治城の石垣が孕み、塀が倒れ、その他ところど... 続きを読む

大正5年の地震

大正5年(1916)8月6日、燧灘を震源とするM5.7の地震により、宇摩郡で負傷者1人、落石あり、林道及び埋没地に細い亀裂が生じた。 続きを読む