明治38年の地震

災害年月日
1905年06月20日
市町村
愛媛県
災害種類
地震・津波  
概要
明治38年(1905)6月20日、安芸海を震源とする地震が起こり、愛媛県では全壊8軒、半潰及び破損293軒、負傷17人の被害が出た。松山市の被害は全壊1軒、半潰及び破損19軒であった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
鷺坂清信「歴史時代における四国地方の地殻変動について(第一報)」(四国地方綜合開発委員会地盤変動調査専門委員会編「四国地方地盤変動調査報告書 第一輯」四国地方綜合開発委員会地盤変動調査専門委員会事務局、1949年、所収)、8頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
地震
NO.
愛媛1962

よく似た災害

安政元年の南海地震

image

嘉永7年(1854)11月5日の地震により、松山城天守閣の石垣が2箇所ふくらみ、本丸では平野屋根の瓦が落ち、壁にも被害が出た。家中屋敷では全半潰20軒... 続きを読む

明治42年の地震

明治42年(1909)11月10日、足摺岬沖を震源とするM7.9の地震により、松山市三津浜で負傷2人、家屋倒壊1戸の被害が出た。 続きを読む

明治38年の芸予地震

明治38年(1905)6月2日、芸予地震(M7.25)により、松山市、温泉・越智・伊予各郡で負傷17人、家屋全壊8戸、半壊58戸、被損235戸などの被... 続きを読む

明治38年6月の地震

明治38年(1905)6月2日、安芸灘を震源とする地震があった。被害は松山市、温泉、越智、伊予各郡にわたり、家屋の全壊7戸、半壊58戸、破損231戸、... 続きを読む

明治38年6月の地震

明治38年(1905)6月2日、安芸灘を震源とするM7.2とM6.0の2回の地震があった。被害は松山市、温泉、越智、伊予各郡にわたり、家屋の全壊7戸、... 続きを読む