昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
愛媛県新居浜市
災害種類
地震・津波  高潮  
概要
昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、沈下量は多喜浜で39cm、壬生川町で55cmであり、新居浜市は40~50cmと考えられる。現在なお残されている被害は、海水浸透や排水不良のため農作物に被害のある面積260町歩、飲料水の被害を受けた面積860ha、下水排除不良のため宅地に被害のある面積380ha、大潮の満潮時に浸水の危険のある面積430haとなっている。また、二次的な被害として、高潮時及び豪雨時に市内の工場の従業員が会社を休んで防備避難にあたるため、工場の生産に支障を来している。
Googleマップ
備考
この調査報告は昭和25年度までに行った現地調査に基づくものである。
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
四国地方経済復興開発委員会地盤変動調査専門委員会編「四国地方地盤変動調査報告書 第九集(災害並復旧状況)」(建設省中国四国地方建設局四国地方地盤変動調査専門委員会、1951年)、23頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
昭和南海地震 地盤沈下 高潮 二次的被害
NO.
愛媛1965

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、波止浜町で26cm、菊間町で32cm沈下した。桜井町では海岸線及び河川の堤防延長3,600mが破堤... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、徳島市では40~70cm、平均50cm地盤沈下し、異常高潮時には当市の約80%が浸水するに至ってい... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、綾歌郡では玉越村、松山村、宇多津町で地盤沈下の被害を受けた。沈下量は坂出市で37cmである。玉越村... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日の南海地震により、那賀郡の海岸線一帯の沈下量は地震研究所が検潮記録より求めた23~39cmと言われるが、地元での見か... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、M8.0の南海地震が発生したが、中央防災会議の「東南海地震、南海地震等に関する専門調査会」は30年後までに南海トラ... 続きを読む