昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
愛媛県宇摩郡
災害種類
地震・津波  高潮  
概要
昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、愛媛県では宇摩郡と周桑郡が地盤沈下の最も大きな被害を受けている。三島町の沈下量は38cmである。三島町の地震による直接被害は海岸堤防約1,200m、三島港防波堤260m、三島港護岸60m、具定から金子に至る約1,200の海岸堤防は地盤沈下後の台風で被害を受けた。また、大潮には耕地30ha、宅地10ha、家屋45戸が浸水の危険にさらされている。さらに、川之江町、小富士村、蕪崎村、長津村、天満村でも被害が出た。川之江町の二次的被害も報告されている。
Googleマップ
備考
この調査報告は昭和25年度までに行った現地調査に基づくものである。
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
四国地方経済復興開発委員会地盤変動調査専門委員会編「四国地方地盤変動調査報告書 第九集(災害並復旧状況)」(建設省中国四国地方建設局四国地方地盤変動調査専門委員会、1951年)、28-30頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
昭和南海地震 地盤沈下 高潮 台風 二次的被害
NO.
愛媛1971

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、綾歌郡では玉越村、松山村、宇多津町で地盤沈下の被害を受けた。沈下量は坂出市で37cmである。玉越村... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日の南海地震により、高岡郡では北部浦内村、須崎町一帯で平均58cm、南部興津村一帯で30cmの地盤沈下が認められている... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、板野郡では20~60cm、平均40cm地盤沈下したと言われるが、同郡東部の特に河内村、松茂村で顕著... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日の南海地震による地盤沈下は、勝浦郡では小松島町の大半及び勝占村の一部で特に甚だしく、沈下量は25~50cm、平均40... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、香川郡の沈下量は約30cmであった。地震以後昭和25年までの被害は、床下浸水家屋約300戸、農耕地... 続きを読む