昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
愛媛県周桑郡
災害種類
地震・津波  高潮  
概要
昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、愛媛県では周桑郡と宇摩郡が地盤沈下の最も大きな被害を受けている。壬生川の沈下量は55cmで、愛媛県下で最大である。このため、吉井村から楠川村に至る海岸線全般に甚大な被害を及ぼした。壬生川町では地震により全壊家屋380戸、被害家屋1,700戸、死者5人、負傷者25人を出し、キジア台風では堤防12箇所、道路3箇所が決壊、流失し、全耕地の3分の2が冠水、家屋1,720戸が浸水した。国安村及び浦河村でも沈下と台風により被害が生じた。
Googleマップ
備考
この調査報告は昭和25年度までに行った現地調査に基づくものである。
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
四国地方経済復興開発委員会地盤変動調査専門委員会編「四国地方地盤変動調査報告書 第九集(災害並復旧状況)」(建設省中国四国地方建設局四国地方地盤変動調査専門委員会、1951年)、31-33頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
昭和南海地震 地盤沈下 高潮 台風 死者
NO.
愛媛1973

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、八幡浜市の沈下量は16cmであった。西宇和郡は山が多く地盤沈下による大きな被害はない。磯津村では磯... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日の南海地震による西条市の沈下量は不明であるが、多喜浜39cm、壬生川町55cmから推察して40~50cm位であろう。... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、綾歌郡では玉越村、松山村、宇多津町で地盤沈下の被害を受けた。沈下量は坂出市で37cmである。玉越村... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、南海道沖でM8.1の大地震が発生した。愛媛県の被害は県下一円に及んだが、特に周桑郡の壬生川町・国安村... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、和歌山県沖の熊野灘でM8.1の大地震が発生し、各地に大きな被害をもたらした。東予市域でも、壬生川町で... 続きを読む