寛政3年の山津波

災害年月日
1791年09月17日
市町村
香川県まんのう町(琴南町)
災害種類
土砂災害  
概要
寛政3年(1791)8月20日、高松藩領全域が大風と洪水に襲われた(「高松藩記」による)。造田村の内田免の黒の谷、森の谷、池の谷、竹の谷一帯に山津波が起こり、土石流が谷地を埋め、濁水が田畑に流入して、耕作不能になったのは、この時のことと思われる。 藩では、山津波を防ぐ対策として、住民から懇願された新池を築造することにした。池は寛政5年(1793)に完成して深田新池と呼ばれ、その後の洪水時には遊水池的な役割を果たした。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
琴南町誌編纂委員会編「琴南町誌」(琴南町、1981年)、324-325頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
山津波 内田免 高松藩記 深田新池
NO.
香川156

よく似た災害

昭和36年9月・10月の山津波

昭和36年(1961)9月3日~4日及び10月26日~27日、小豆、大川で山津波。(高松気象台の資料による) 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)夏から9月11日まで、約140日間日照りが続いた。池底に亀裂ができて、水がなくなり、東十川村内では水けんかなどが生じた。このため... 続きを読む

寛文2年の干ばつ

image

寛文2年(1662)、大干ばつに見舞われた。田はひび割れ、稲は枯死して収穫はゼロであった。ところが、築造から7年間の平屋池を持つ井ノ口新田は、平年作を... 続きを読む

正保3年の干ばつ

正保3年(1645)春から秋にかけて大干。藩民難儀につき、また新池406箇所を築き、在来と合わせて1,366箇所になる。(「讃岐国大日記」、「高松藩記... 続きを読む

正保2年の干ばつ

正保2年(1645)、大干ばつ、新池406を築いた。(高松藩の災害記録) 続きを読む