昭和13年の山崩れ

災害年月日
1938年09月05日
市町村
香川県まんのう町(仲南町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和13年(1938)9月5日朝来の暴風雨に伴い、七箇村字久保の中山の一角が午後2時頃崩壊し、家屋1戸が押しつぶされ、9名が生き埋めとなった。急報に接した警察署、消防組、青年団、村民など200余名が救助活動を開始したが、夜12時頃までに全員死体で掘り出した。この日は中山の一部が崩壊して土砂が新池になだれこみ、池の決壊の危険が迫っていたので、新池の堤防決壊の善後策を協議するために民家に集まっていたところ、中山の崩壊により家屋が押しつぶされたのであった。(「香川新報」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
仲南町誌編集委員会編「仲南町誌」(仲南町、1982年)、70-71頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 久保 山崩れ 死者 香川新報
NO.
香川177

よく似た災害

大正元年の山崩れ

大正元年(1912)8月21日、暴風雨の夜半、冨士権現下の山麓が高さ10m、幅10mにわたって崩壊し、住家3軒が土砂に押しつぶされた。村民総出で埋没物... 続きを読む

昭和40年の山崩れ

昭和40年(1965)9月14日から19日にかけての長雨と、台風2号の北上に伴う秋雨前線による集中豪雨により、汐木山東部急斜面の大規模な山崩れが発生し... 続きを読む

昭和47年の比島山の崩壊

image

昭和47年(1972)9月15日、豪雨により比島山が崩壊し、住家8棟が押しつぶされた上、火を出して10人が死亡した。(写真1枚) 続きを読む

昭和47年の比島山崩れ

image

昭和47年(1972)9月15日、集中豪雨のため、高知市の比島山が崩壊し、民家を押しつぶし火災も誘発した。死者10人の被害が出た。 続きを読む

明治17年の桑地森の崩壊

明治17年(1884)7月18日午前7時頃、東俣名の桑地森の山頂付近から幅約17m、高さ約100mにわたって崩れ落ち、下にあった民家7、8戸が押しつぶ... 続きを読む