大正3年の水喧嘩

災害年月日
1914年07月30日
市町村
香川県まんのう町(仲南町)
災害種類
渇水  
概要
大正3年(1914)7月30日、七箇村の農民2人が日頃の水喧嘩による不仲が爆発して、草刈り作業中に鎌を振り上げて喧嘩となり負傷した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
仲南町誌編集委員会編「仲南町誌」(仲南町、1982年)、911頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
水喧嘩 七箇村
NO.
香川179

よく似た災害

昭和2年の水喧嘩

昭和2年(1927)6月、春日の横井で農民がポンプでしばしば盗水していたため水喧嘩となった。 続きを読む

大正5年の洪水

image

大正5年(1916)8月1日、風水害により金倉川が氾濫し、堤防の決壊箇所が続出したため、大宮横井の取り除き作業中に、消防組員が濁流にのまれ殉職した。 続きを読む

文政13年の水論

文政13年(1830)6月、日照りが続き重信川の流水が不足したため、滝ノ下井手をめぐって下林と北三か村(田窪、牛淵、南野田)の水論が発生した。6月20... 続きを読む

文政13年の水論

文政13年(1830)6月、日照りが続き重信川の流水が不足したため、滝ノ下井手をめぐって下林と北三か村(田窪、牛淵、南野田)の水論が発生した。6月20... 続きを読む

大正11年の藤兵衛股の水利紛争

大正11年(1922)6月20日以来、与北側と垂水側で藤兵衛股の分水俵をめぐって小競り合いを切り返していたが、7月1日に遂に暴発した。双方の水利組合は... 続きを読む