大正2年の干ばつ

災害年月日
1913年07月00日
市町村
香川県琴平町
災害種類
渇水  
概要
大正2年(1913)7月から8月にかけて、干ばつ。水不足がひどいため、8月17日に満濃池の底ユルを抜く。
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
琴平町史編集委員会編「町史 ことひら 1自然・環境・生物・原始・古代・中世編」(琴平町、1996年)、30頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 満濃池 底ユル抜き
NO.
香川187

よく似た災害

大正2年の干ばつ

大正2年(1913)、大干ばつ。満濃池証文ユルを抜く。(「香川県大百科辞典」による) 続きを読む

大正2年の干ばつ

image

大正2年(1913)8月、干ばつのため、満濃池の底樋(証文閘)を抜く。 続きを読む

大正13年の干ばつ

image

大正13年(1924)、干ばつのため、満濃池の水掛かりは1,120町歩が被害を受け、減収高は11,322石に達した。この干ばつを契機に、満濃池水利組合... 続きを読む

弘仁9年の洪水

image

弘仁9年(818)、洪水により満濃池の堤防が決壊した。このため、当時京都にいた高僧空海が派遣され、弘仁12年に空海は満濃池の修築を完成させた。 続きを読む

昭和14年の干ばつ

image

昭和14年(1939)、大干ばつのため、満濃池の水掛かりは徹底的な被害を受けた。丸亀平野の南部にはある程度かんがい用水を提供することができても、北部に... 続きを読む