昭和37年の干ばつ

災害年月日
1962年00月00日
市町村
香川県琴平町
災害種類
渇水  
概要
昭和37年(1962)夏、梅雨の雨量は多かったが、梅雨明け以降から9月の台風期まで高温少雨の状態が続いたため、農作物に旱害による被害が出た。善通寺での8月の降水量は23.3ミリ。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
琴平町史編集委員会編「町史 ことひら 1自然・環境・生物・原始・古代・中世編」(琴平町、1996年)、32頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
香川190

よく似た災害

大正13年の干ばつ

image

大正13年(1924)6月~8月、空梅雨の上、土用照り込みにより、雨量は平年の30%で、少雨干天が続いた。特に6~7月は高温少雨のため、農作物の被害が... 続きを読む

昭和4年の干ばつ

昭和4年(1929)6月~8月、空梅雨の上、日照りが続き、高温、干天、少雨のため、農作物の被害が多く出た。(香川県、高松気象台、引田町等の資料による)... 続きを読む

昭和58年の干ばつ

昭和58年(1983)7月22日~9月25日、旱害により、県下全域で農作物に被害大。中山の期間総雨量は82ミリで、中山町でも被害があったと思われる。 続きを読む

昭和26年の干ばつ

昭和26年(1951)7月下旬から8月中頃まで連日晴天が続いた。このため、炎熱、干ばつに苦しみ、農作物に被害を出した。 続きを読む

昭和26年の干ばつ

昭和26年(1951)7月下旬から8月中頃まで連日晴天が続いた。このため、炎熱、干ばつに苦しみ、農作物に被害を出した。 続きを読む