大正11年の藤兵衛股の水利紛争

災害年月日
1922年06月20日
市町村
香川県善通寺市、丸亀市
災害種類
渇水  
概要
大正11年(1922)6月20日以来、与北側と垂水側で藤兵衛股の分水俵をめぐって小競り合いを切り返していたが、7月1日に遂に暴発した。双方の水利組合は寺の梵鐘を鳴らして群衆を動員し、それぞれに拠点を設けて握り飯の炊き出しをして気勢をあげた。堰争いに石が投じられ、双方に数名の負傷者が出た。群衆の数が次第に増し、不穏の形勢のため、琴平・善通寺両署から警察官が出動した。結局、会談により、慣行通りの分水比率を再確認して円満解決した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
満濃町史編集委員会編「満濃町誌」(満濃町、1975年)、560-561頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 藤兵衛股 水争い 与北 垂水
NO.
香川196

よく似た災害

大正11年の藤兵衛股の水利紛争

大正11年(1922)6月20日以来、与北側と垂水側で藤兵衛股をめぐって小競り合いががあり、7月1日に暴発した。藤兵衛股では分水俵が設けられ、分水比率... 続きを読む

昭和22年の火災

昭和22年(1947)11月2日午後6時45分頃、須崎市西町で火災が発生し、木造網納屋16棟、工場1棟を全焼する大火となり、数人の負傷者が出た。 続きを読む

明治9年の水論

image

明治9年(1876)、菖蒲堰の大落水をめぐり、北方村と樋口・志津川・西岡の3ヶ村で水論があり、双方に負傷者が出た。愛媛県の仲裁を仰いだ。(東温市の水利... 続きを読む

明治9年の水論

image

明治9年(1876)、菖蒲堰の大落水で、北方村と樋口・志津川・西岡の3村が水論、双方に負傷者が出る。(「重信町誌」による)(伊予の水論〔水争い〕年表)... 続きを読む

明治15年の水論

明治15年(1882)8月10日、炭所西片岡の土器川に築かれた薬師堰からの分水をめぐり、長尾側と岡田側の間に紛争が起こった。これは、薬師堰の分水後の水... 続きを読む