昭和30年の札の辻水利紛争

災害年月日
1955年00月00日
市町村
香川県まんのう町(満濃町)、丸亀市(綾歌町)
災害種類
渇水  
概要
昭和30年(1955)の干ばつに際して、土器川右岸の岡田・長尾側は一存で旧堰を延長して新堰を構築した。これに対して、左岸の吉野側は従来の慣行無視であるとしてこの堰を破壊した。札の辻水利紛争と言われる。8月22日に調停会が開かれたが妥結に至らず、翌昭和31年6月19日に高松地方裁判所丸亀支部で農事調停が行われた。昭和33年2月22日に大川頭首工に関する協定が成立し、問題は解決した。
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
満濃町誌編さん委員会編「新修 満濃町誌」(満濃町、2005年)、518-520頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 岡田 長尾 吉野 札の辻水利紛争
NO.
香川203

よく似た災害

昭和30年の札の辻水利紛争

image

昭和30年(1955)の干ばつに際して、土器川右岸の岡田・長尾側は一存で旧堰を延長して新堰を構築した。これに対して、左岸の吉野側は8月13日、従来の慣... 続きを読む

昭和30年の水利紛争

image

昭和30年(1955)8月、打越池への取り入れ口である札の辻堰で、水利紛争が起こった。土器川の本流が近年しだいに左岸寄りに流れるようになったことを理由... 続きを読む

明治26・27年の干ばつ

明治26年(1893)6月から8月13日までの64日間、全く雨のない干天が続き、翌27年も干害となった。多良村の人々が大里用水に新たに数個の堰を設けて... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)春期以来、干ばつにより、上宇和村永長と久枝の間でポンプ使用の可否をめぐり、宇和川の支流深川で水論が発生した。両地区あげての水論は約... 続きを読む

大正11年の藤兵衛股の水利紛争

大正11年(1922)6月20日以来、与北側と垂水側で藤兵衛股の分水俵をめぐって小競り合いを切り返していたが、7月1日に遂に暴発した。双方の水利組合は... 続きを読む