明治27年の干ばつ

災害年月日
1894年08月00日
市町村
香川県丸亀市
災害種類
渇水  
概要
明治27年(1894)春から降水が少なく、特に8月は所々でにわか雨をみた程度で、農業用水が不足し、干ばつによる被害は前年以上となった。この年の降水量は662.0ミリ、6月~8月の降水量は135.9ミリであった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
丸亀市史編さん委員会編「新編 丸亀市史 1 自然・原始・古代・中世編」(丸亀市、1995年)、40頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
香川226

よく似た災害

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)7月26日~8月31日、大干ばつにより、県下の降水量は微量で、水不足のため稲作及び農作物等に甚大な被害があった。松山では37日間... 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)、冬以来の降水量が少なく、7月に降雨があったが、用水の不足を補うことができず、大干ばつとなった。8月の降水量は、琴平で18.0ミ... 続きを読む

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)、香川県地方の降水量は前年11月から平年より少なく、しだいに灌漑水が不足し、稲の植え付け不能地区は1,000ha余となり、植え付... 続きを読む

明治30年の干ばつ

明治30年(1897)7月22日~8月18日、干ばつにより、県下は水不足に悩まされた。28日間の降水量は南予沿岸地方で24ミリ以下であった。 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)夏、前年に引き続き、30日以上も雨が降らず、日照りが続いた。夏季の雨量は前年と同様に3分(約9ミリ)で、飲み水にも困る状況であっ... 続きを読む