明治26年の干ばつ

災害年月日
1893年00月00日
市町村
香川県丸亀市
災害種類
渇水  
概要
明治26年(1893)夏、30日以上も雨が降らず、日照りが続いた。夏季の雨量は3分(約9ミリ)で、飲み水にも困る状況であった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
丸亀市史編さん委員会編「新編 丸亀市史 3 近代・現代編」(丸亀市、1996年)、447頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
香川230

よく似た災害

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)夏、前年に引き続き、30日以上も雨が降らず、日照りが続いた。夏季の雨量は前年と同様に3分(約9ミリ)で、飲み水にも困る状況であっ... 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)夏、30日以上も雨が降らなかった。夏季の雨量は少なく、丸亀地方は1ヶ月間にわずか3ミリというひどい状況であった。ため池の水は完全... 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)夏、前年に引き続いて、30日以上も雨が降らなかった。前年と同様に、夏季の雨量は少なく、丸亀地方は1ヶ月間にわずか3ミリというひど... 続きを読む

大正6年~7年の干ばつ

大正6年(1917)11月、干ばつにより、物部川の水が著しく減少し、その後も翌年1月にかけて少雨が続いたため、三島村では井戸水が涸渇し、全戸が飲み水に... 続きを読む

明治27年の干ばつ・台風

明治27年(1894)4月27日から9月10日まで、135日間日照りが続き、飲み水にも困り、農家は土びんで稲株に水を注いだ。秋になっても出穂せず、収穫... 続きを読む