明治26年の干ばつ

災害年月日
1893年00月00日
市町村
香川県丸亀市
災害種類
渇水  
概要
明治26年(1893)夏、30日以上も雨が降らなかった。夏季の雨量は少なく、丸亀地方は1ヶ月間にわずか3ミリというひどい状況であった。ため池の水は完全になくなり、土びんに水を入れて、稲の根元にそそいで枯れるのを防いだが、その水さえなくなった。池の底はひび割れし、井戸の水は涸れて、飲料水にも不自由するありさまで、稲はみな枯死した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
新修丸亀市史編集委員会編「新修 丸亀市史」(丸亀市、1971年)、753頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 土びん水
NO.
香川234

よく似た災害

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)夏、前年に引き続いて、30日以上も雨が降らなかった。前年と同様に、夏季の雨量は少なく、丸亀地方は1ヶ月間にわずか3ミリというひど... 続きを読む

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)4月下旬から雨が少なく、6月の梅雨にも全然雨が降らず、7月には炎天が続いた。各地で雨乞いを行ったが、効果はなく、農家は土びん水で... 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)4月26日降雨あり、以後、6月7日に小雨があったものの、雨らしい雨は9月10日までなく、135日の干ばつとなった。池底は乾き、井... 続きを読む

明和2年8月の洪水

明和2年(1765)8月、長雨で洪水となった。阿波藩の財政は赤字となり、幕府に資金の援助を頼んだが、受け入れてもらえなかった。 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)6月23日~8月15日まで雨らしい雨はなく、干ばつの被害大であった。飲料水にも困り、農家は土瓶で稲株に水を注いだが、秋になっても... 続きを読む