昭和9年の干ばつ

災害年月日
1934年05月14日
市町村
香川県丸亀市
災害種類
渇水  
概要
昭和9年(1934)5月13日に雨が降ってから、およそ60日間日照りが続いた。7月13日に降雨があったので、田植えが行われたが、その後48日間日照りが続いた。木下義介香川県知事は、雨を降らせるため、善通寺山砲隊に実弾射撃を依頼した。各市町村民も、山々の頂上で火を燃やして、雨が降るよう祈願した。9月1日にようやく雨が降ったが、丸亀平野ではほとんど無収穫に終わった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
新修丸亀市史編集委員会編「新修 丸亀市史」(丸亀市、1971年)、754頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
日照り 県知事 実弾射撃 雨乞い
NO.
香川236

よく似た災害

明治6年の干ばつ

明治6年(1873)、大干ばつにより、54日間日照りが続いた。 続きを読む

明治6年の干ばつ

明治6年(1873)、大干ばつにより、54日間日照りが続いた。 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)6月24日から9月8日まで、70日間日照りが続いた。水田1,114ha、畑1,011haが大被害を受け、農山漁村の疲弊窮乏は深刻で... 続きを読む

文政12年の干ばつ

文政12年(1829)6月17日から8月10日まで、53日間日照りが続き、大干ばつとなり、作物の実りが十分でなかった。しかし、水の続いたところは豊作を... 続きを読む

文政12年の干ばつ

文政12年(1829)6月17日から8月10日まで53日間日照りが続き、大干ばつとなり、作物の実りが十分でなかった。しかし、水の続いたところは豊作を迎... 続きを読む