文政3年の水論

災害年月日
1820年00月00日
市町村
香川県観音寺市
災害種類
渇水  
概要
文政3年(1820)夏、干ばつのため、一ノ谷池の水の配分をめぐって江藤と本村の争いが生じた。双方の言い分はかみ合わず、対立が深まったが、最終的に大庄屋の裁定に従うことで一応の解決をみた。
Googleマップ
参考画像
参考文献
一ノ谷郷土史研究会編「かがわ一ノ谷の歴史」(一ノ谷郷土史研究会、2001年)、152-155頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 一ノ谷池 水論 大庄屋の裁定
NO.
香川304

よく似た災害

大正12年の大干ばつ

image

大正12年(1923)8月から9月にかけて40余日打ち続く干ばつに困り果てた萩原村が、大谷池の横井水溜まりの地面を掘り割って集水し発動機で揚水している... 続きを読む

文政3年の洪水

文政3年(1820)、洪水。(「川之江村大庄屋役用記」による) 続きを読む

文政9年の洪水

文政9年(1826)5月、洪水、暴風雨。(「川之江村大庄屋役用記」による) 続きを読む

文政12年5月の台風

文政12年(1829)5月、暴風雨、洪水。(「川之江村大庄屋役用記」による) 続きを読む

文政12年7月の台風

文政12年(1829)7月、暴風雨、洪水。(「川之江村大庄屋役用記」による) 続きを読む