昭和40年の山崩れ

災害年月日
1965年09月14日
市町村
香川県三豊市(三野町)
災害種類
土砂災害  
概要
昭和40年(1965)9月14日から19日にかけての長雨と、台風2号の北上に伴う秋雨前線による集中豪雨により、汐木山東部急斜面の大規模な山崩れが発生した。犠牲者はなかったが、土砂と鉄砲水により住居が押しつぶされた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三野町誌編集委員会編「三野町誌」(三野町、1980年)、103頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
山崩れ 台風 秋雨前線 汐木山
NO.
香川326

よく似た災害

昭和47年の繁藤豪雨

昭和47年(1972)7月4日~5日、梅雨末期の豪雨のため、土佐山田町繁藤で大規模な山崩れが起こり、県内の死者は61人に及んだ。須崎市では、国道56号... 続きを読む

寛文2年の山崩れ

寛文2年(1662)9月20日、日向灘地震により、広見町で山崩れが発生した。 続きを読む

昭和37年の土砂崩れ

昭和37年(1962)2月20日、土砂崩れで不通となっていた土讃線の土佐岩原~豊永間の復旧工事現場で、山半分が消し飛ぶ大規模な山崩れが発生し、国鉄職員... 続きを読む

安政4年の山崩れ

安政4年(1857)8月25日、安芸伊予地震により、仁淀村の別枝で山崩れが発生した。 続きを読む

昭和47年の繁藤災害

image

昭和47年(1972)7月5日、集中豪雨により、土佐山田町繁藤では5時~6時の1時間雨量が95.5ミリ、6時~7時の1時間雨量が95.0ミリ、5日9時... 続きを読む