昭和47年の地すべり

災害年月日
1972年06月00日
市町村
香川県三豊市(高瀬町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和47年(1972)6月、集中豪雨により、二ノ宮地区の茶畑開墾地で地すべりが起こった。この時は、早くから警報が発せられていたので、人や物への被害は最小限に抑えられたが、全町の消防団に出動要請が発せられた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高瀬町誌編集委員会編「高瀬町誌」(高瀬町、1975年)、23頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
集中豪雨 地すべり 二ノ宮 消防団
NO.
香川327

よく似た災害

平成11年の谷ノ内地すべり

平成11年(1999)、越知町の谷ノ内地すべりでは、150ミリ/年の変位量が観測された。また、同年には民家床下に亀裂が発生し、住民が一時避難するなどの... 続きを読む

昭和50年の地すべり

昭和50年(1975)6月、横倉の水田8aに幅20cm、長さ60mの亀裂ができた。この付近は昭和30年(1955)2月に地すべり地に指定されていたとこ... 続きを読む

昭和55年の地すべり

image

昭和55年(1980)6月18日~19日、前線による大雨のため、大豊町岩原のとうじ山で地すべりが起こり、被害は被災世帯15戸、被災者57人、田埋没47... 続きを読む

昭和47年の地すべり

image

昭和47年(1972)7月、集中豪雨を契機として、岩原川上流、赤根川流域で大規模な地すべりが発生した。このため、県と大豊町に要請により、昭和41年指定... 続きを読む

昭和40年の地すべり

昭和40年(1965)9月17日、台風23号及び24号の連続来襲による集中豪雨を受け、音田柳層谷で地すべりが起きた。この地区は昭和35年に地すべり地区... 続きを読む