元禄3年の干ばつ

災害年月日
1690年00月00日
市町村
香川県三豊市(高瀬町)
災害種類
渇水  
概要
元禄3年(1690)、大干ばつに見舞われた。勝田池は底を見せ、田は干割れした。この干ばつを契機に、翌4年には勝田池の増築が開始され、元禄8年に完成した。
Googleマップ
備考
勝田池には勝田池之碑が建立されている。
参考画像

原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高瀬町誌編集委員会編「高瀬町誌」(高瀬町、1975年)、323頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 勝田池増築
NO.
香川330

よく似た災害

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)、大干ばつ。この年の干ばつを契機に、平田平七は同年12月に宝池の増築に着手し、翌年5月に竣工した。 続きを読む

昭和42年の干ばつ

image

昭和42年(1967)7月~10月、南予地方は干ばつのため、180の水道用水施設のうち148施設(83%)が断水となり、農作物の被害額は125億円にの... 続きを読む

大正13年の干ばつ

image

大正13年(1924)、干ばつのため、満濃池の水掛かりは1,120町歩が被害を受け、減収高は11,322石に達した。この干ばつを契機に、満濃池水利組合... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

image

昭和9年(1934)、何か月も雨の降らない日が続き、ひどい干害を受けた。農家の人の中には、少ない地下水を汲み上げ、杓ややかんで稲にかける人もいたが、稲... 続きを読む

昭和42年の干ばつ

image

昭和42年(1967)、南予地方は大干ばつに見舞われた。これを契機に、肱川流域からの分水が計画され、昭和57年に野村ダムが建設された。 続きを読む