宝暦12年の白坂池の水論

災害年月日
1762年07月17日
市町村
香川県三豊市(高瀬町)
災害種類
渇水  
概要
宝暦12年(1762)5月26日、白坂池で本ノ大村の水番6人と池守5人が配水していたところ、羽方村の百姓100余人、本ノ大村の百姓20余人が押し寄せて口論となり双方に負傷者を出した。結局、財田組と高瀬組の大庄屋らにより、今後白坂池の水について池守の妨害をしないなどの一札を入れ内済とすることで決着した。通常、池所と池掛では池所の利配水権が強いが、内済にこだわったのは、池掛の本ノ大村(高瀬組)が丸亀藩領、池所の羽方村(財田組)がその支藩の多度津藩ということのためである。
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高瀬町編「高瀬町史 通史編」(高瀬町、2005年)、306頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 白坂池 本ノ大村 羽方村 内済
NO.
香川336

よく似た災害

明治3年の洪水

明治3年(1870)、大水のため、本ノ大村で慶応2年の寅年の大水以来行われていた堤防築造箇所が大破した。このため、翌明治4年4月に、本ノ大村の百姓代表... 続きを読む

宝暦12年の水論

宝暦12年(1762)、松山領森松村ほか24ヶ村(2千余人)と麻生村ほか2村(800人)との水論から乱闘となる。(「砥部町誌」等による)(伊予の水論〔... 続きを読む

宝暦3年の水論

image

宝暦3年(1753)、洪水があり、重信川の瀬筋を南側に移動させた。このため、三か村井堰の関切場を下林側の伽藍口門樋に接近させて設置したところ、水論が発... 続きを読む

宝暦3年の水論

image

宝暦3年(1753)、洪水があり、重信川の瀬筋を南側に移動させた。このため、三か村井堰の関切場を下林側の伽藍口門樋に接近させて設置したところ、水論が発... 続きを読む

慶応2年の寅年の大水

慶応2年(1866)、大水により江藤下の財田川の堤防が切れ、川沿いの稲作や農者が被害、田畑の流出した。この洪水は、寅年の大水と言われる。本ノ大村が藩に... 続きを読む