享保9年の干ばつ

災害年月日
1724年00月00日
市町村
香川県三豊市(高瀬町)
災害種類
渇水  
概要
享保9年(1724)、大干ばつにより、高松藩の年貢が37,000石の減収となる。(「恵公外記」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高瀬町編「高瀬町史 通史編」(高瀬町、2005年)、330頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 恵公外記
NO.
香川384

よく似た災害

享保14年の洪水

享保14年(1729)秋、高松藩領は四度の風雨洪水により「破面」となり、29,000石の年貢減となる。(「恵公外記」による) 続きを読む

享保18年の干ばつ

享保18年(1733)、干ばつにより当村の畑方年貢が引き下げられた。 続きを読む

承応3年の干ばつ

承応3年(1654)、大干ばつ。高松藩の公式記録「英公外記」には「夏大干ばつ、また風雨ありて五穀実らず。町、郷とも飢人甚だ多し」と記されている。 続きを読む

万延元年の洪水

万延元年(1860)5月15日、別宮川筋名西地方で大洪水、7月11日には強風で77,000石の減収となり、年貢御免となった 続きを読む

享保3年の干ばつ

享保3年(1718)7月20日、大干ばつにより雨乞い。藩内で6,900俵減収。(「国府叢書」による) 続きを読む