平成6年の渇水

災害年月日
1994年00月00日
市町村
香川県観音寺市(大野原町)
災害種類
渇水  
概要
平成6年(1994)、大野原町の日照時間は2,391時間(平年2,074時間)、降水量は678ミリ(平年1,132ミリ)で、水稲、野菜、果樹、畜産に大きな影響を与えた。被害総額は約2億円にのぼる。異常な水不足は住民生活にも及び、農業用水を節約して生活用水に回すため、農家は田の土の上を水が走る程度で水を止める「走り水」と呼ばれる灌漑方式を復活させた。米作は、農家の自助努力と香川用水の恩恵により、平年の105%豊作となった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
新修大野原町誌編さん委員会編「新修 大野原町誌」(大野原町、2005)、821-824頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 走り水 豊作
NO.
香川395

よく似た災害

昭和42年の干ばつ

昭和42年(1967)7月13日から10月3日までの雨量は、7月192.7ミリ、8月12ミリ、9月10ミリであった。井戸は涸れ、水道は時間給水となり、... 続きを読む

昭和42年の干ばつ

昭和42年(1967)7月13日から10月3日まで晴天続きで、雨量は8月11ミリ、9月10ミリ(消防署調べ)であった。井戸は涸れ、水道は時間給水となり... 続きを読む

平成6年の渇水

image

平成6年(1994)5月上旬から9月中旬まで、松山市の降雨量は平年の4分の1と少なく、特に8月の降雨量は2ミリであった。石手川ダムの貯水量は8月26日... 続きを読む

平成6年の渇水

image

平成6年(1994)、渇水のため、早明浦ダムの貯水率は低下し、香川用水は6月29日に30%の第1次取水制限、7月16日には75%の第3次取水制限、7月... 続きを読む

平成13年4月の渇水

平成13年(2001)4月、那賀川流域は渇水に見舞われ、4月13日~5月9日の25日間にわたり農業用水・工業用水の取水制限が行われた。このため、農家は... 続きを読む