宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
香川県高松市
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日未刻(午後2時頃)、M8.6の地震が発生した。この論文では、宝永地震による高松藩の被害状況を示す史料をもとに、五剣山の崩落、海岸や河川付近での液状化、詰田川東側の志度街道での地割れがあったことが示されている。また、津波により潮位が通常より5、6尺高くなり多くの堤防が破損されたことや、地震による高松城下町の建物や人的被害の状況、流言の発生状況、為政者の対応などが史料に基づいて記されている。
Googleマップ
参考文献
芳澤直起「宝永地震における高松藩の被害状況」(香川県立文書館編「香川県立文書館紀要第18号」、2014年)、41-54頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
宝永地震 高松藩 液状化 地割れ 津波
NO.
香川5974

よく似た災害

宝永4年の地震

宝永4年(1707)の地震により、足摺岬周辺は沈降したことが示されている。この報告では、足摺岬について、史料及び隆起生物遺骸の調査を行い、1707年宝... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、地震が発生した。「宍喰浦旧記」には、巳下刻(午前10時30分頃)、大地震が発生し、人々があわてて愛宕山逃げ上ったところ... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1854)10月4日14時頃、四国沖と東海道沖の2つの地震が同時に発生したと考えられている。高知県の被害は流家11,170軒、全壊4,866... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日14時頃、四国沖と東海道沖の2つの地震が同時に発生したと考えられている。高知県の被害は流家11,170軒、全壊4,866... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、地震が起こり、津波が来襲した。庄屋・川淵太惣兵衛が記録した須崎八幡宮の木札には、この時の地震・津波により損田592石、... 続きを読む