昭和54年の台風10号・台風20号

災害年月日
1979年09月30日
市町村
香川県観音寺市(大野原町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和54年(1979)9月30日には台風10号が、10月17日には台風20号が相次いで来襲した。台風10号は日降水量ガ140ミリ、台風20号は166.3ミリと、年間降水量の10分の1を1日に降らせた。このため、材木の倒伏、折損はもちろん、林道の崩壊、渓谷のがけ崩れが続出し、大被害を出した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大野原町30年のあゆみ編集委員会編「大野原町30年のあゆみ」(大野原町、1985年)、330-333頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 大雨 崖崩れ
NO.
香川456

よく似た災害

嘉永2年の洪水

嘉永2年(1849)、隣村の川田村で吉野川が破堤し、死者250人を出したということから、学島村地域はもちろん川島町地域にも影響があったものと推測される... 続きを読む

慶応2年の寅の水

慶応2年(1866)8月5日から三日三晩降り続いた雨が大洪水になり、知恵島が全部浸水したのはもちろん、柿原・島田の庚申堂まで浸水したという。 続きを読む

天保14年の洪水

天保14年(1843)7月7日、大洪水により勝浦川が大氾濫した。「七夕水」と呼ばれた。下流の沼江、中角、今山はもちろん、宮井では井関がつぶれ、本庄では... 続きを読む

天保14年の洪水

天保14年(1843)7月7日、大洪水により勝浦川が大氾濫した。「七夕水」と呼ばれた。下流の沼江、中角、今山はもちろん、宮井では井関がつぶれ、本庄では... 続きを読む

弘化4年の洪水

弘化4年(1847)、洪水により土器川堤左右200間余切損じ、田代一円水押し、石砂駆け込み立毛はもちろん人家、納屋が大破し、薪肥等の流失の惨状を呈した... 続きを読む