寛永3年の風雨・干ばつ

災害年月日
1626年05月00日
市町村
香川県観音寺市(大野原町)
災害種類
風水害  渇水  
概要
寛永3年(1626)4月、大風雨となり、その後、7月に至るまで雨がなく干ばつとなった。稲は枯死し、人々は飢餓に瀕した。この後、西嶋八兵衛は藩命を受けて、各地にため池を築くとともに、香東川の付け替えを行うなどした。
Googleマップ
参考文献
近藤徹著「物語 大野原開村史」(大野原中学校、1949年)、56-57頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 干ばつ 西嶋八兵衛
NO.
香川458

よく似た災害

寛永3年の干ばつ

image

寛永3年(1626)5月から8月頃にかけて、95日間も雨が降らず、凶作、飢饉となり、多くの村人が死んだ。岡田の大庄屋岡田久次郎は、岡田から8kmもある... 続きを読む

寛永3年の干ばつ

image

寛永3年(1626)5月から8月頃にかけて、95日間も雨が降らず、凶作、飢饉となり、多くの村人が死んだ。岡田の大庄屋岡田久次郎は、岡田から8kmもある... 続きを読む

寛永元年の干ばつ

寛永元年(1624)、讃岐は干ばつとなる。これを機に、西嶋八兵衛が讃岐に派遣され、3年間ため池の築造など農村の立て直しに取り組んだ。 続きを読む

寛永3年の干ばつ

image

寛永3年(1626)4月から7月にかけて、讃岐国では約90日間にわたって全く降雨がなく、稲は全滅し、多数の餓死者が出た。領主生駒高俊は伊勢から西嶋八兵... 続きを読む

正保3年の干ばつ

正保3年(1646)、干ばつで飢饉が続く。福栄地区西山に、矢延平六が藩命により宮奥池を築造した。 続きを読む