天明2年の強風・干ばつ

災害年月日
1782年06月00日
市町村
香川県三豊市(詫間町)
災害種類
風水害  渇水  
概要
天明2年(1782)5月、強風により、麦は実る前にほとんど倒れて、収穫は反当2斗(30kg)にも足りなかった。田植えはできたが、この夏100以上干天が続き、稲はすべて枯死した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
詫間町誌編集委員会編「新修 詫間町誌」(詫間町、1971年)、283頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
強風 干ばつ
NO.
香川460

よく似た災害

昭和34年の干ばつ

昭和34年(1959)6月、空梅雨となり、田植えができずに稲作をあきらめて転作した農家もある。江原地区の吉野川に近いところでは、臨時に揚水ポンプを置い... 続きを読む

明和8年の干ばつ

明和8年(1771)、干ばつで、163日間雨が降らなかった。田植えができず、畑作に転換する者も出た。田植えした稲も立枯になるという状況であったが、その... 続きを読む

天和3年の干ばつ

天和3年(1683)4月18日より、大日照りにより、田植えできなかった所が多かった。(「香川県史」、「蓮井氏記録」等による) 続きを読む

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)、干ばつにより、田植えができなかった。川、湧井、池等全て涸渇した。 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)7月5日~8月5日の1ヶ月間雨がなく、植え付け後の稲は枯死し、甘藷の植え付けもできず、佐川町では有志数十名が役場で雨乞いについて... 続きを読む