昭和35年の大雨

災害年月日
1960年06月00日
市町村
香川県三豊市(詫間町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和35年(1960)6月、200ミリを突破する大雨となり、家屋の浸水1,859戸、半壊4戸、冠水田約150町歩、道路・堤防の決壊・流失、崖崩れなど20箇所以上の被害が出た。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
「詫間町50年のあゆみ」編さん委員会編「詫間町50年のあゆみ」(詫間町、2005年)、249頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 堤防決壊 崖崩れ
NO.
香川462

よく似た災害

昭和28年の台風13号

昭和28年(1953)9月24日~25日、台風13号に伴う局地的豪雨のため、町内雨量は670ミリに達し、松尾村では大刎の堤防の決壊、山崩れ等により、被... 続きを読む

昭和38年の台風2号

昭和38年(1963)6月2日~4日、台風2号により前線が活発になり、香川県内でも、大雨のため各地で溜池の堤防決壊を生じた。坂出市府中町の野峯池の決壊... 続きを読む

昭和26年の代之池決潰

昭和26年(1951)7月13日午後1時頃、代之池の堤防が決潰し、浸水家屋6戸、橋梁流失1箇所、河川堤防の決潰250m、田畑の荒廃2町7反などの被害が... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月、台風が来襲して、橋、田畑の流失、道路の決壊など多くの被害が出た。 続きを読む

昭和27年7月1日の大雨

昭和27年(1952)7月1日~3日、梅雨前線による大雨のため、県下の被害は家屋の全壊2戸、半壊1戸、床下浸水359戸、非住家9戸、田の流失・埋没1h... 続きを読む