明和6年の干ばつ

災害年月日
1769年05月00日
市町村
香川県観音寺市(豊浜町)
災害種類
渇水  
概要
明和6年(1769)4月末より8月20日まで大干ばつとなり、稲作の大半は枯死し、収穫は皆無となった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
新修豊浜町誌編さん委員会編「新修 豊浜町誌 資料編」(豊浜町、1998年)、100頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 収穫皆無
NO.
香川471

よく似た災害

天明2年の暴風

天明2年(1782)5月4日~5日の大暴風により、田植えが終わった数千町歩の苗が流され、民家の倒壊・流失233戸、舟の破砕50隻という。さらに、6月1... 続きを読む

明和7年の干ばつ

明和7年(1770)4月29日から8月20日まで大干ばつ、稲作大半枯死、収穫皆無。(「三豊郡誌」による) 続きを読む

明和7年の干ばつ

明和7年(1770)4月末より163日間、大干ばつ、稲の大半枯死。(「讃岐国大日記」、「高松藩記」、「三豊郡史」、「香川県気象災害誌」、「財田村年表」... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)、干ばつにより、稲作の収穫が減収し、中には皆無の田地もあった。 続きを読む

文政11年の干ばつ

文政11年(1828)8月、雨の降らぬことが85日におよび、作物は枯死し、飲料水は枯渇し、村民は困窮した。これを文政の大干ばつという。 続きを読む